レディー

即効性のある便秘解消方法で美貌を手に入れよう

自分のタイプを見極める

グラス

便秘には大きく分けて3つのタイプがあります。まず1つは、直腸性便秘と呼ばれるものです。便意を我慢してしまう人がなりやすく、りきんでもなかなか出ない・出てもなんか便がお腹に残っている感じがするというタイプです。2つめは、弛緩性便秘と呼ばれるものです。常にお腹が張っている感じがして便意をあまり感じないタイプです。ダイエットを行っている人や高齢者など筋力が落ちている人がなりやすいタイプです。3つめは、けいれん性便秘と呼ばれるものです。ストレスを感じやすい環境にいる人がなりやすく、突然激しい便意を感じたり、便秘と下痢の症状が交互にあらわれるタイプです。タイプによって便秘になった原因が異なりますので、便秘薬を選ぶ際は自分の便秘のタイプを知ることから始めるのがオススメです。

直腸性便秘の場合、便が直腸まで送り出されているのに便意を我慢して起こる便秘です。この状態が進むと古い便が硬くなっていてフタをしている形になり、排便したくても排便できなくなってしまいます。こういう場合は、まず便を柔らかい状態にする便秘薬を選びます。刺激性の便秘薬ではなく、腸内の水分量を増やしてくれる成分と、便と腸との潤滑油の役割を果たしてくれる油分が含まれている便秘薬がオススメです。弛緩性便秘の場合、運動不足や老化が原因で腸の運動が弱くなることによって起こる便秘です。なので、腸を刺激するような便秘薬がオススメです。不溶性の植物繊維が腸を刺激してくれます。そういった成分が含まれている漢方薬タイプの便秘薬がオススメです。けいれん性便秘の場合、弛緩性便秘とは逆に腸の運動が激しくなりすぎて起こる便秘です。ですので、弛緩性便秘と同じ対処をしていると悪化させることもあります。この場合は便を出すために便秘薬を飲むのではなく、ゆっくりと体を休ませてストレスを解消することが大切です。